2018年11月25日

10月 ジュニア

6月の田植えに始まり、ずっと育ててきた稲を、いよいよ刈ります。毎月観察して記録した稲の高さや茎の増え方をふりかえりました。先月はまだ穂が緑でしたが、今月は黄金色になっています。鎌の使い方を学んだ後、刈っていきます。
DSC_0951.JPG
刈った穂は藁を伝って束ねます。これが結構難しい。
IMG_4317.JPG
そして、昔ながらの「はざ掛け」。
IMG_1729.JPG
作業の後は、穂1本の米粒の数から、田んぼ全体の米粒の数を計算しました。大人一人が何とか1年間食べられる程度。これが、多いと感じるか、少ないと感じるかは、人それぞれでした。
IMG_1733.JPG
「はざ掛け」の意味もみんなで考えました。「味がよくなる」「景観がいい」など、様々な意見が出ました。
今日のおやつは、サツマイモのバター焼き。作業でおなかがすいていたので、特においしく感じました。
posted by ジュニア at 15:48| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

10月 ジュニア

6月の田植えに始まり、ずっと育ててきた稲を、いよいよ刈ります。毎月観察して記録した稲の高さや茎の増え方をふりかえりました。先月はまだ穂が緑でしたが、今月は黄金色になっています。鎌の使い方を学んだ後、刈っていきます。
DSC_0951.JPG
刈った穂は藁を伝って束ねます。これが結構難しい。
IMG_4317.JPG
そして、昔ながらの「はざ掛け」。
IMG_1729.JPG
作業の後は、穂1本の米粒の数から、田んぼ全体の米粒の数を計算しました。大人一人が何とか1年間食べられる程度。これが、多いと感じるか、少ないと感じるかは、人それぞれでした。
IMG_1733.JPG
「はざ掛け」の意味もみんなで考えました。「味がよくなる」「景観がいい」など、様々な意見が出ました。
今日のおやつは、サツマイモのバター焼き。作業でおなかがすいていたので、特においしく感じました。
posted by ジュニア at 15:48| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年10月14日

9月 ジュニア

本日は、シイタケ栽培に備えてホダ木となるコナラを伐採します。木を切ることの是非について、個人で、班で話し合って、意見を出し合って、指導者の話を聞いて考えました。最初は反対する子もいましたが、最後にはみんな「切っても構わない」ということになりました。
DSC_0041.JPG
今日の作業は危険を伴います。思った方向に木を倒すことのできる切り方を学んだ後、ヘルメットを被って森に入ります。木挽というノコギリで切るのは大変でしたが、2本の木を安全に切り倒すことができました。
20180915144852(1).jpg
倒した後は運び出すのも大変。ロープを使い、力を合わせて運びました。
20180915145711(1).jpg
母屋に戻って、おやつの「わらび餅入り桃ゼリー」をいただきました。
20180915152621(1).jpg
自分たちの田んぼの見学もして、穂が出ていること、でもまだ青いことを観察しました。次回はいよいよ稲刈りです。
posted by ジュニア at 12:21| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする